そこからこそ|生きる強さという安心感をあなたに。

「わたしは弱い」を「だからこそ強い」に変えるアトリエ。

今までに何回も、苦しみを乗り越えてきたあなただから。

 

今、もしかして
とても悲しいのなら。
とても悔しいのなら。
とても不安で仕方ないのなら。

 

 

良いことも、悪いことも
生きていれば何回も巡ってくる。

今までにも何回も
何回も何回も何回も

それをあなたは乗り越えてきた。

 


あの人にとやかく言われてもいい。
その人に迷惑をかけてもいい。
この人を哀しませてもいい。

その【誰か】に合わせる必要もないし
【誰も】あなたの邪魔をする筋合いはない。

あなたは
あなたが幸せであるために
今日も生きていればいい。

 

 

今、もしかして
とてもかなしいのなら。
とてもくやしいのなら。
とても不安で仕方ないのなら。

あなたは今までのように
今、【またひとつ】乗り越えている。

乗り越えている途中なんだ。

 

そんな自分を
どうか誇りに思って欲しい。



そしてまた
そのくるしみが
【明ける】ときが来ることを

今のあなたは知っている。
今までのあなたが知っている。


良いことも、悪いことも
今まで何回も何回も何回も何回も
乗り越えられてきたあなたなのだから。


f:id:sokokarakoso:20200805164751j:image

「明ける」

 

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

 

<こちらもやってます>

Facebook
Instagram(インクアートと思うこと)

前に進みたいのに進めないあなたへ伝えたい言葉。

進みたいのに、なぜだか前へ進めなくなるとき。

進むことに疲れてしまったとき。

進まなければいけないと、無意識に自分を追い込んでしまうとき。

立ち止まって、自分と向き合いたいと思うとき。

 

止まることは、とても怖い。
周りに置いて行かれるんじゃないかって。

進むことをしない自分を
どこか否定してしまう自分がいる。

だから今までは
なんとか進もうと頑張ってきたのかもしれない。

進むことで、安心する自分も確かにいるから。

 

そんな風に焦ってしまう、その気持ちね、わかるんだ。

いや、全部わかることなんて出来ないんだけど
それは私もめちゃくちゃ悩んできたことで。

だからこそ。
ちょっとだけ今から書く私の話を聞いてくれるかな。

 

あなたと私がすべて同じではないからこそ 
もし、あなたの心の声を少しでもすくい上げられたら
こんな風に伝えると思うんだ。

 

前へ進みたいけど進めないあなたへ

f:id:sokokarakoso:20200704041040j:image

 

『あなたは今、とても葛藤しているね。

進みたいけど進めない。
進めないけど進まないといけない気がする。

 

進まないことがなんだかこわい。
進めない自分が腹立たしい。
動き続けないと何かに置いていかれてしまうような感じ。

 

そんな感覚を、もしかしたら感じているのかもしれない。

 

でももう、息が切れているんだ。
限界なんだ、なんだか、進むことが。

足が動かない。
でも、動かさなきゃ、進まなきゃ、でも、でも。

 

そんな自分を抱えて
とても揺らいでいるかもしれない。

 

葛藤する自分の思考に
「わかってる、わかってるけど」と
わかっているからこそ自分を責めたり、苛立ってしまったり。

当てのない怒りや心細さを感じているかもしれない。
他の人にはおそらく理解なんて出来ないであろう、この葛藤を。

 

 

どうせならあの人のように突き抜けられたら
どんなに楽になるだろうとか、思ったりして。

止まっていい理由がほかに出来たら
思う存分止まれるのにな、とか。

自分以外の何かに、止まる理由を探したり。

 

もしかしたら心の底では

「止まっていいよ」
「休んでいいよ」

許可を、自分以外の誰かに求めているのかもしれない。

 

だからこそね、あなたに伝えたいことがあるんだ。

 

あなたを待っていてあげて欲しい

f:id:sokokarakoso:20200703173735j:image

 

あなたを信じて、あなたを待っていて欲しい。
今できることだけ、したいことだけをしてて。

したくないことをしない、それだけでもいい。

 

最低限生きるだけでいい。
それだけでいいんだ。 

出来ないことはしなくていいんだ。

そんなにたくさんのことを
わたしはあなたには求めてないんだ。

 

 

わたしはあなたが幸せなら

それだけでいいんだ。

それが、いいんだ。

 

 

だから、時間はかかるけど
また、待っていて欲しい。

そっちじゃないみたいなんだ。
そっちはもう、いいみたいなんだ。

 

だから、今他の道を探してる
でも、まだどうしていいかはっきり見えてない。

ただ、もう少しで見えそうなんだ。
もう少しはどのくらいかは
ごめん、はっきりとは言えないんだけど。

 

 

でも、だから、今あなたができることだけをしてて。
できることだけでいいよ。

 

あの時みたいな自分に、なろうとしないでいいし。

あの時のような賞賛を、求めないでいいし。

無理にそれを、しようとしないでいいし。

 

今新しいあなたに、今、なっているところだから
安心して、待っていて欲しいんだ。

 

その私の願いを、叶えて欲しいんだ』

 

立ち止まってきたからこそ、歩き出せてきた

私も、進んでは止まるの繰り返しで
ご丁寧に毎回毎回不安になる。

このまま何にもなれなかったらどうしよう。
止まったままだと、置いていかれてしまう気がする。

  

でも、こうもわかっている自分がいるんだ。

沢山立ち止まってきたからこそ
またそこから歩き出してきた自分だということを

  

 

内観で自分と対話していた時
「私を信じて、私を待っていて欲しい」って言われた。

待っていて欲しいと、わたし自身が、わたしに望んでいた。

 

今までも、だったんだと思う。
今よりも過去の私は、止まってしまうことが怖かった。

 

止まって動けなくなる自分と
動き続けられる周りとを比べ続けて
ずっとずっと、わたしを責め続けていた。

 

「信じて待っていてほしい。今できることをしてて」

 

その言葉が浮かんだ時、すごく頼もしいなって思った。

「信じて待っていて」なんて
信頼できる人にしか言える言葉じゃないもん。

同時に、その願いを叶えられる自分になろうと決めた。

 

止まりたいから、止まる

進めないから、立ち止まるんだ。

止まりたいから、止まるんだ。

それ以上に方法が無いから、止まるしかないんだ。

 

もし、今、進みたくても立ち止まってしまっているなら。
そんな自分が嫌で、なんとかしたいと感じているのなら。

 

もしかしたら、あなた自身が気が付かないところで
あなた自身が本当は今は進まず
そこに留まっていたいと思っているのかもしれない。

 

 

だから、あなたも信じてあげて欲しい。

あなた自身を。

 

待っていて欲しいと願うあなた自身を。

ただ見守って、待っていてあげて欲しい。

 

そんなあなたを、わたしも信じているから。

きっと大丈夫な、ほんとうのあなたを。

 

f:id:sokokarakoso:20200703173506p:image

 

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

 

 

<こちらもやってます>

Facebook
Instagram(インクアートと思うこと)

どうにかしたい、どうにかしなきゃと焦るなら。

「目の前のことをどうにかしたい。」
「早く早くどうにかしなきゃ。」
「だってきっと大変なことになっちゃうから。」

そうやって、グングングングン
頑張っちゃう、頑張れちゃう。

 

その最中って、なかなか止まれない。
止めようと思っても。なかなか難しい。

どうにかしない限り、終わりを見届けない限り
どこまでも落ち着かないかのような、ぬぐえない不安感。

 

だけど、その状態はとてもしんどい。
その後の疲労感って途方もない。
どっとくる。

その後はこうも思っちゃうかもしれない。
「あー、またやっちゃった」って。


それでも、何度も何度も繰り返してしまったりして。
なんだかいつも焦っているようで、落ち着かないこころ。
疲れていくだけのからだ。

 

今、実は疲れてへとへとなら


私から見た、どうにかしなきゃって焦るあなたは

今、すごく焦ってる。
やりすぎなくらい、めっちゃ頑張ってる。
周りの人がびっくりするくらい猛ダッシュで走ってる。

自覚がしにくいかもしれないけど、そう見えるんだ。

 

実は、疲れてないかな?
実は、へとへとじゃないかな?
でももっと頑張んなきゃって思ってないかな?


だとしたら、その頑張りはこれ以上必要ない。

そんなに疲れ切ってまで、それはあなたがする必要があるのかな。
そんなにへとへとになってまで、自分が頑張らなきゃいけないのかな。
もっと頑張れば、100%それはなんとかなるのかな。

 

どうにかしたい、どうにかしなきゃが止まらないのなら
まず、気が付いて欲しいんだ。

あなたは今
自分を追い込んでまで
自分をすり減らしてまで
自分のできること以上のことをしようとしてないかって。


焦るときは「プレイヤー視点」を持つ

焦ってどうにかしなきゃと思っているときは
目の前のことにしか目が向いていないとき。

目の前の「これ」をなんとかしないといけない。
後ろに下がったところで、どうせ袋小路だからと。


そんなときこそ、上から見る
自分を、客観的に見る

その空間にいるあなたの頭頂部が見えるところから
自分を眺めてみる。

「どうやらこの人は焦っているみたい」
「焦ってどうにかしようと、無我夢中みたいだ」


そう自分がどういう状態かが客観的にわかったとき
例えば、友達の悩みに対して自分がアドバイスするように

「それしか方法はないと思ってるみたいだけど、すごく視野が狭くなってるよ」
「もっとこういう道があるんじゃないかな」
「一人で抱えすぎだから、とりあえず頼りになりそうな人に話してみたら?」

 

焦ってどうしようもない相手から受けた相談に対して
冷静に伝えられることができるあなたになってあげること。

だからこそ、自分を外側から見る。
上から見る。


迷路のゲームをするように、自分視点じゃなく、プレイヤー視点で画面を見るように

そうすると、自分目線だと目の前がどんづまりになったときでも
プレイヤー視点だと他の道があることが自然と見えてくる。


止まる、離れる、と決める。

目の前のことに無我夢中。
でも、なんだか息切れしてる気がする。
しんどいままやり続けている気がする。

そんなときこそ
一度、冷静になる時間をとること。

そんなに焦らなくても大丈夫。
大丈夫だよ。一度止まっても。そこから離れても。

 

止まれないのなら、止まるって決めて、止まろう。
離れられないなら、一旦離れると決めて、そこから離れよう。

 

これ以上やっても、苦しいがずっと続くだけかもしれない。

だから一度、その「どうにかしたい」「どうにかしなきゃ」
な、自分を止めてみる。
そんな自分から離れてみる。

 


「わたしは一度止まる」と決めて
今やっていることを一度止めてみる。

「わたしはこの場から一度離れる」と決めて
無我夢中ゾーンから離れてみる。


そして空気を吸って。ゆっくり。深呼吸。

 

 

20200422185936 


あなたは、本当はもっとどっしりとした人。
あなたの安定感を思い出して。

止まって、離れてこそ
本当のあなたに戻っていくことが出来る。

 

その止まって離れる時間を削ってまでしなきゃいけないことなんて
本当はそんなになかったと思うんだ。


それは、本当に今すぐに必要なことなのか

今どうにかしたいと思っているそれって
今すぐにどうにかしなきゃいけないことなのかな。

もしかしたら、今すぐに何とかしなきゃいけないことなんて
そんなに無いのかもしれない。

もちろん100%無いわけではないし
是が非でも今すぐに行動しなきゃいけないときだってある。


でも
なんとかなってたときが重なって、今なんだよなって思う。

今までの人生は
全部自分でなんとかしてきた人生ってわけでもなかったなって。


どうにかなってもならなくても、あなたは大丈夫

どうにかしようとしなくても大丈夫
どうにもならなくても大丈夫

どうしようと思ってても大丈夫
どうしようもなくても大丈夫

そんなに焦らなくても大丈夫
そんなに急がなくても大丈夫


そんな簡単にどうにかってしまうほど
あなたもその人も、ヤワじゃない。

あなたを、あなたが信じてあげて、
その人を、その未来を、あなたも信じてあげて。

どうなったってどうせ大丈夫だって。
とりあえず、そう思っておいてあげて欲しいんだ。

 

それが、自分を、相手を
信頼するということだから。


あとはもう神様にお任せ

なるようになるときもあれば
頑張ったってどうにもならないときもある。

思い通りにしようとするほど
思い通りにならないときもある。

悔しいけど、今までもそうだったかもしれない。

 

でも
自分がなんとかしようとしてなんとかならなかったとき。

そして
自分がなんとかしようとしなくてもなんとかなったとき。
も、確かにあった気がするんだ。


あなたはもう、十分すぎるほど頑張った。
どうにかしようと悩んで、動いて。

その姿、ちゃんと見てるよ。
ちゃんとわかってるよ。


だから、あとは神様にお任せしよう。
もうこれ以上無理だから、あとは頼みますって。

そんなくらいで大丈夫。

 

きっとこれ以上は神様も
悪いようにはしないはずだから。

 

20200422185950

 

 

 

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

<こちらもやってます>

Facebook
Instagram(インクアートと思うこと)

「本当の気持ちを伝えたい」と気付いたあなたへ。

 

たとえ相手に気持ちが伝わらなくても、伝えなきゃいけない時がある。

決して、「あなた」を譲ってはいけない時がある。


「理解してほしい」
「分かってほしい」
「寄り添ってほしい」
「話を聞いてほしい」
「反応をしてほしい」


その気持ちを相手に伝えても、願ったような結果が返ってこないことも
どこかでわかっているのかもしれない。

独りよがりな気持ちかもしれないということも。

 

わかっている。だから何度も、塞ごうとした。我慢しようとした。
わかっているからこそ、どうにかこうにか、折り合いをつけてきた。


でも、もう限界なんだ。
あなたはもう、その気持ちを抑えることを、限界と感じたんだ。

抑えれば抑えるほど、頭の中がいっぱいになって。
見て見ぬふりをすればするほど、「それ」を思い出す出来事がわんさかやってくる。

 

 

だって事実、そう思っている。
そこにある想いは、ずっとそこにある。

そこにただあるものを、無かったことには、できない。

 

だから、やっぱり伝えたいんだって気付いたんだよね。

 


「本当のこの気持ちを伝えたい」
それだけのことなのに、こんなにも途方もない事のように感じる。 


でもあなたはもう、抑え込むことをやめると「決断した」。

もしくは勇敢にも「決断したい」と思っている。

 

あなたはもう、自分が傷つくことを承知の上で、
自分の気持ちを伝えることを「決断した」。

もしくは果敢にも「決断しよう」と思っている。

 

あなたはもう
この苦しみを
我慢して、抑え込んで、蓋をする必要は
もうないんだ。

 

あなた自身を、あなたが幸せにするために。

自分の気持ちが伝わらなくても、伝えなきゃいけない時がある。

絶対に『わたし』を譲ってはいけない時がある。


あなたの命を守るために。
あなたの人生を守るために。
あなたの幸せを守るために。

あなた自身を、あなたが守るために。


これ以上のない勇敢な行動を、あなたは自ら、しようとしている。

それこそが、あなた自身の望んでいる、本当の幸せへの勇敢な決断。


伝わらないとしても「伝えなければ」と、「伝えたい」とあなた自身がそう思った。

 

それを『叶えようとしているあなた』は
あの人でもなく、他の誰よりも

あなたのことを幸せに出来る人だ。

 

20200502160735

 

 

 

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

<こちらもやってます>

Facebook
Instagram(インクアートと思うこと)

 

 

 

ブログをリニューアルしています。

 

ご無沙汰しております。

現在、ちょこちょことブログをリニューアルしています。
「あ、いま色々やってんやな」と暖かい目で見ていただけるとうれしいです。

 

html、本当に難しい。

少し時間は掛かりますが、再出発も兼ねているので、
新しいスタートにできるようがんばります!

最近は一日二回のお散歩が楽しみな毎日です。
みなさん、くれぐれもご自愛くださいませ。

表現することは、生きること。不完全な自分と向き合うこと。

 

表現することは
色んなことに向き合う。
 
向き合うことで、表れてくるものだと思う。
 
 
 
それがどんなに苦しくても
どんなに逃げ出したくなっても
ツルっとはげるくらいに悩んで悩んで悩んでも
 
やっぱり続けられているのは
この自分として
私として生まれてきたからだなって思った。
 
 
 
向き合うことが大きければ大きいほど
肚が座る感覚がある。
 
私にしかできない表現がきっとあるから。
あきらめてたまるかって、思う。
 
 
 
表現することは
生きること。
不完全な自分と向き合うこと。
  
表現したものが自分に教えてくれるものもあれば
表現することがもうすでに
自分に自分を馴染ませていくプロセスなのだとも思う。
 


それは、誰かに自分の本音を
自分の言葉で伝えるときも、そう。 


 


葛藤すらも、悩みすらも
 
幸せと、苦しみの両極をも
 
包み込んで成熟させて生きていこうと
 
改めて思いました。
 
 


 
宝物が、またひとつ、ふたつ、増えた。
みどりとあお。
今の自分にすごく力をくれた。

 

20200118143600

 

 

 

20200118143608 

 

 

 20200118143616

 

 

 

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

 

< こちらもやっています > 

Facebook

Instagram(インクアートと思うこと)

 

 

 

不安になるときは、「不自由」を感じるとき。

「自由に生きたい」って思う。

 

しがらみとか、ルールとか、

「自分を縛るもの」「自分を制限するもの」

 

そんな「不自由」なものから

解き放たれたいと思う。

 

 

だから、手あたり次第に「自由」になってみる。

 

羽目を外してみる。

いつもはやらないことをやってみる。

それがあれば自由になれそうな何かに、手を出してみる。

 

 

でも次第に、

それは本当に自分が自由になれたことにはならないことに

気がついてくる。

 

 

 

うまく描けなくなったとき

「自由に描きたい」と思った。

 

それって、誰に思ってるのかって

『自分に』だった。

 

 

「自由に描いた絵が悪く言われたらどうしよう」

「万人受けする表現にしといた方がいいよな」

「あの人はこう言ってるし、それを参考にして」

 

 

そんな自分に向かって

「自由に描かせてよ」って、思ってた。

 

 

 

 

「自由に生きていきたい」って思ったとき。

 

「でも自由にやったら食べていけないし、やっぱり無理だよ」

「あの人はこう言ってたし、だから難しいんだって実際」

「今までも無理だったんだからさ、しょうがないんだって」

 

 

不安だからと諦めようとする自分に向かって

「自由に生きさせて」って、思ってた。

 

 

 

 

自分が自分を引き留めていた。

自分が自分を縛って、檻に閉じ込めていた。

 

外からは「安心」「安全」に見える檻に閉じ込めて

自由にさせないようにしてた。

 

 

 

人が不安になるとき。

それは、「不自由」を感じるとき。

 

不安だから自由になろうとしても、それは不安な自由。

 

 

あなたは何から解き放たれたいだろう。

あなたは何から自由になりたいだろう。

 

 

もしかしたら

あなた自身の「不自由な思い込み」からかもしれない。

 

 

20200116234317

 

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

sokokarakoso.hatenablog.com

 

 

 

 

 

< こちらもやっています > 

Facebook

Instagram(インクアートと思うこと)